害虫被害は深刻になる~頭を悩ます問題にプロフェッショナルを投入~

TVで放送されるほど

対応を確実に行いましょう

The man who wore a mask

毎年、ハチの被害がマスコミで報道され、最近でハチの巣の駆除の状況をTVで放送するという番組が作られるほど、一般的にも知られるようになってきました。たいていの場合、人がほとんど住まないような場所ではなく、住宅街で被害が出ている状況です。これは、開発が進み、ハチの生育場所と人間の生活の場が重なってしまっていることを意味します。ハチの巣ができた家では、ハチが飛び回り、いつ被害にあってもおかしくない状況が生まれています。そういった番組では専門業者があの手この手を使って、駆除している風景を映し出していますが、ハチが都市型の生活環境に慣れてきた現在、こういった状況は今後もますます増えてきて行くことが考えられています。

ハチについて知っておくべきこと

被害にあわないようにあるためには、まずは、人が蜂に襲われる理由を知らなければ対処できません。ハチは、春ごろに一匹の女王蜂が巣を大きくしていきます。一匹のハチの寿命は一か月ほどと言われていますが、次々に生まれてくる働き蜂が入れ替わることで、徐々に数を増やしていき、ハチの巣を大きくしていきます。そして、秋も深まるころには両手で抱えることができないほどの大きさになるのです。特に秋には次世代の女王蜂を育てていることから、警戒心が強まります。その時が最も危険な時期になります。そのため、ハチの巣を見かけたらできるだけ早い段階で駆除をする必要があります。さらに、気が付くのが遅かった場合には、無理をせず、駆除専門業者に依頼することが大事です。